本文へ移動

DSP工法®

DSP工法(乾式柱状改良)とは?

昭和58年にセメント系固化材を使用した水を使わない地盤改良方法(乾式柱状改良)を新生重機建設と住友大阪セメント株式会社の共同開発した特許「現地土固化パイルの造成方法」【特許登録番号 第1540470号・第4091526号】です。財団法人 日本建築総合試験所による「建築技術性能証明書」も単独取得しております。
また、新生重機建設独自の登録商標【商標登録番号 第4029731号】でもあります。

特長

1.水が不要

掘削土にセメント系固化材を粉体のまま添加・混合する為、工事には水を使用しません。

2.排土が少ない

混合土を転圧・埋め戻す為、残土が少なく経済的です。

3.強固な支持力

改良効果が早期に得られる為、工期の短縮をはかれるので、住宅基礎の地盤補強に最適です。

4.高い止水性

セメント系固化材を使用するので、止水性が高く土留連続壁にも対応できます。

5.狭い場所でも可

比較的小規模な機械で施工が可能な為、近隣への影響が極めて少なく、施工場所も狭くてすみます。
極小土地でも施工可能

施工手順

TOPへ戻る