本文へ移動

かん兵衛ラフト工法

かん兵衛ラフト工法(パイルド・ラフト)とは?

孔を有する先端金物付きストレート鋼管を用いた複合地盤補強工法です。
孔を有する先端金物付きストレート鋼管を回転貫入して埋設し、地盤補強材に用いることで基礎下地盤と地盤補強材の両方の支持力を得ることができます。そのことにより、鋼管の長さや本数が少なくすみコストが安くなります。
新生重機建設は、かん兵衛ラフト工法の指定施工会社として品質の高い施工を行っています。

特長

地盤補強材概要図
地盤補強材概要図
特長
  • 先端金物を鋼管と同一外径とすることにより地盤補強材の周面地盤を攪乱せず、基礎下地盤の支持力と補強材の周面抵抗力を有効に得ることができます。

  • 施工管理において、打ち止め後に実施する衝撃載荷試験により地盤補強材の設計支持力を満足したことが確認できます。(従来の工法では実施不可)

  • 先端金物に孔を設けることで、地盤補強材施工時の圧入抵抗と衝撃載荷試験時に生じる過剰間隙水圧の低減が図れます。

  • 鉄を使用しているので、腐植土の地盤にも使え、また土壌汚染を防ぐことが出来ます。
補強材施工手順図
補強材施工手順図
衝撃載荷試験
衝撃載荷試験
TOPへ戻る