本文へ移動

地盤調査

GeoWebシステム導入でリアルタイムに正確な調査情報伝達が可能

スクリューウェイト貫入試験 調査状況

地盤調査報告書

各調査の比較

調査方法
長所
短所
スクリューウェイト貫入試験
試験装置・試験方法が容易。
試験結果をN値に換算できる。
深度方向に連続してデータが取れる。
礫・ガラなどは、貫入困難となる
調査深度は10m程度が目安。
ボーリング調査(標準貫入試験)
N値から地盤の強度を推定できる。
地下水位の確認ができる。
土が採取できるから、土層の確認ができる。
作業スペースが大きい。(4×5M)
費用が高額である。
レイリー波探査
レイリー波速度から間接的に地盤の強度の把握が可能。
スペースを取らない非破壊試験である。
表層に厚い軟弱層がある場合は、大きな起振器が必要になる。
土質分類を行うためには、ボーリングデータが必要。
地中障害の反射波の影響を考慮する必要がある。
データの解析に熟練を要する。
平板載荷試験
地盤の支持力を直接判定できる。
作業スペースが大きい。
費用が高額である。
深度方向の調査が困難。
TOPへ戻る